\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

ピーコックWY-E130とWY-D120の違いを比較♪電気焼肉器

当ページのリンクには広告が含まれています。

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の違いを比較してご紹介します。

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の違いは

  • プレートサイズ
  • 調理中の煙と油はねの削減率
  • 消費電力
  • 設定温度
  • サイズや重さ
  • 価格

以上の6点になります。

中でも焼肉プレートサイズが大きくなったのが一番大きいですね♪

1度にたくさんお肉が焼けるようになったの嬉しい!

本文でピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の違いを詳しくご紹介していきますね。

共通の機能や特長なども本文後半でお伝えしていますので、購入前の参考にしてみてください。

もくじ

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の違いを比較

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の違いは

  • プレートサイズ
  • 調理中の煙と油はねの削減率
  • 消費電力
  • 設定温度
  • サイズや重さ
  • 価格

以上の5点になります。

それぞれ詳しくご紹介していきますね。

プレートサイズの違い


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120はプレートのサイズに違いがあります。

WY-E130:約470mm
WY-D120:約370mm

新製品WY-E130はWY-D120に比べてプレート面積が1.4倍大きくなりました。

従来のWY-D120も家族4人で充分なサイズ感だったのですが、WY-E130はさらに大人数で使える大きさになりましたよ♪

祖父母やママ友が遊びにきた時にも活躍しそう!

サイズが大き目のお肉も切らずに豪快に焼けるね♪

調理中の煙と油はねの削減率


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は調理中の煙と油の削減率に違いがあります。

<WY-E130>煙を約85%削減&油はねを約97%削減
<WY-D120>煙を約87%削減&&油はねを約98%削減

これはピーコック従来品の電気焼肉器WCV-13と比較しての削減率になります。
>>WCV-13はこちら【楽天】

WY-D120の方がWY-E130より若干削減率は高いのですが、これは新製品WY-E130の方がサイズが大きいため煙や油はねの削減率が高くなったのかなと感じました。

WY-E130とWY-D120はピーコックで現在販売されている中でも煙と油ハネがしにくい製品なので、室内でも臭いや汚れを気にせずに安心して使うことができそうですね♪

消費電力の違い

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は消費電力に違いがあります。

WY-E130:1300W
WY-D120:1200W

消費電力とは電気製品が実際に消費する電力のことをいうのですが、WY-E130の方が消費電力が高くなっています。

WY-E130の方がより高い加熱能力を持っているのですが、WY-D120より多くの電力を消費するため電気代が少し高くなるので注意してくださいね。

設定温度の違い


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は設定できる温度に違いがあります。

WY-E130:保温~210℃まで設定
WY-D120:保温~230℃まで設定

従来品WY-E120の方がより新製品WY-E130より高温で焼く事ができるので、ここは要チェックポイントですね!

牛肉の表面だけをサッと焼いて食べるなら高火力のWY-E120の方が美味しく食べられそう♪

サイズや重さの違い


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は焼肉プレートのサイズに違いがあります。

WY-E130:625×315×78(mm)・約3キロ
WY-D120:516×308×79(mm)・約2.3キロ

WY-E130とWY-D120では約700gの差がありますが、面積の分重たくなった感じですね^^

価格の違い

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は価格に違いがあり、その差は約2倍!!

通販サイトによって値段は異なるのですが、WY-E130の方がWY-D120の2倍の値段と覚えておくと良きです。

焼肉だけ焼くのに1万円出すのは高いと感じた場合はWY-D120が手頃な値段でおすすめですが、

  • 5~6人で焼肉を楽しみたいならWY-E130
  • 4人以下で焼肉を使う事が多いならWY-D120

というように使用用途で優先させるとまたどちらを購入するか変わってきますので、優先順位をまず決めてみても良いですね♪

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の共通の機能や特長

ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120の共通の機能や特長についてご紹介していきますね。

三次元アーチ構造搭載


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120は、プレートの裏側が3Dのアーチ構造になっています。

アーチ構造だと油がより早く落ちるから、煙や油はねが軽減されるんだよ!

他にもプレートの側面に傾斜があるから油たまりにくくなっていて、煙や油はねが軽減されているんだって♪

平面と傾斜の多目的ゾーン搭載


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120には焼肉を焼くメインの波型プレートの他に

平面プレート
傾斜プレート

以上の2種類のプレートが左右に付属されています。

平面プレートはキャベツやもやしの焼き野菜など、傾斜プレートは食材から油を焼けるのでヘルシーにお肉を焼く事ができますよ。

ホルモンなど煮つまりやすいお肉を焼いても良さそうですね。


お手入れしやすい


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120はプレートを取り外して丸洗いする事ができるので、お掃除が楽です。

焼肉のプレートは特に油まみれになりやすいので、清潔に保てるのは嬉しいですね( *´艸`)

プレートの下の受け皿も水を入れて使用する事で、焼肉の煙と焦げ付きが軽減され終わった後の手入れもラクになりますよ♪

おしゃれなカラーとデザイン


ピーコック電気焼肉器WY-E130とWY-D120のカラーはブラックの1色のみとなっています。

また見た目もシンプルでおしゃれなデザインなので、どのお部屋のインテリアにも違和感なくなじめそうですよ♪

ピーコックWY-E130とWY-D120の違いを比較♪まとめ

ピーコックWY-E130とWY-D120の違いについてご紹介してきました。

ピーコックWY-E130とWY-D120の違いは

  • プレートサイズ
  • 調理中の煙と油はねの削減率
  • 消費電力
  • 設定温度
  • サイズや重さ
  • 価格

以上の6点になります。

特に大きな違いはプレートのサイズが大きくなったことですね^^

プレートが大きくなった事で、より大人数で焼肉を楽しむことができるようになりました。

ただし価格が従来品の約2倍とお高めなので、注意も必要ですね^^;

価格で選ぶのか‥使い勝手で選ぶのか‥

どちらを重視するかによってWY-E130とWY-D120のどちらを購入するか変わってくると思うので、ご家庭で検討してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ