\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

クイジナートTOA-29JとTOA-28Jの違いは?ノンフライオーブントースター

当ページのリンクには広告が含まれています。

Cuisinart(クイジナート)からノンフライオーブントースター「TOA-29J」が新発売されます。

ノンフライオーブントースターといえば今は「TOA-28J」が最新機種となっていますが、今回のTOA-29JはTOA-28Jのリニューアルモデルのようです。

TOA-29JはTOA-28Jと比較してどのような部分がリニューアルしたのでしょうか。

今日はTOA-29JとTOA-28Jの違いやどちらを買った方が良いのかなどを詳しくご紹介します。

もくじ

クイジナートTOA-29JとTOA-28Jの違いを比較


クイジナートTOA-29JとTOA-28Jの違いはこちらの4点になります。

  • TOA-29Jは下ヒーターの形状を変更
  • TOA-29Jはトーストの水分量がアップ
  • サイズや重さ
  • TOA-29Jにブラックカラーが追加

1つずつ詳しくご紹介しますね^^

下ヒーターの形状を変更


TOA-28Jの下ヒーターはオーバル型だったのですが、TOA-29JではM型に変更されました。

M型に変更する事でより効果的に熱が伝わるように改善され、ノンフライ調理もムラなく熱を通す事が可能に。

またトーストの焼き上がりも早いうえに、内部の水分量を保ちながらも「外カリッ中モチッ」とした食感になります。

トーストの水分量がアップ


TOA-29JはTOA-28Jと比べるとトースト内部の水分蒸発率が約3.1%減少することに成功♪

水分蒸発率が減少したことでトーストをよりふんわりと美味しく焼き上げる事ができますよ^^

サイズ、重さ

TOA-29JとTOA-28Jはサイズ、重さが異なります。

TOA-29J

【外寸】約320(幅)×290(高さ)×380(奥行)mm
【内寸】約240(幅)×90(高さ)×295(奥行)mm
【重量】約5.7kg

TOA-28J

【外寸】約298(幅)×292(高さ)×315(奥行)mm
【内寸】約252(幅)×128(高さ)×300(奥行)mm
【重量】約5.4kg

29Jの奥行が約7㎝大きくなってます。なので置き場所のチェックはしておいてくださいね。

TOA-29Jにブラックカラーが追加

TOA-28Jはカラーがシルバーしか選べなかったのですが、TOA-29Jはシルバーの他にブラックカラーが追加されました♪

自宅のインテリアに合う方を選べるようになるのは嬉しいですね^^

以上がTOA-29JとTOA-28Jのリニューアルポイントになります。

クイジナートTOA-29JとTOA-28Jの共通する機能や特長

TOA-29JとTOA-28Jの共通機能はこちらです。

  • 3つの機能でサクサクでヘルシーな調理が可能
  • 6つの調理モード
  • トーストが一度に4枚焼ける
  • 余分な油をカットしてヘルシー
  • メッシュバスケットつき

3つの機能でサクサクでヘルシーな調理が可能


TOA-29JとTOA-28Jは【トースト・ノンフライ・あたため機能】と1台で3つの機能を使う事ができます。

【トースター】
トーストとベーグルの2種類が設定でき、外はカリッと中はモチっと仕上げる。
【ノンフライ調理
包み込むように熱を通す熱風調理で、少しの油でも美味しい揚げ物を作る事が可能。
【あたため機能】
冷凍食品などのあたためなどに使えます。天ぷらなどの油モノを温める時は余分な油をカットし、カロリーも抑えながら作り立てのように仕上げる事が可能。

6つの調理モード

上下にヒーターが搭載され

①6つの調理モード
②温度(90℃~230℃)
③加熱時間
④トーストの焼き加減

以上の4つを調節できるダイヤルを組み合わせ、幅広い料理が簡単に調理可能です。

6種類の調理モード

WARM: 調理したものを保温したいとき
BROIL: 上ヒーターで焼き目をつけたい調理など
BAKE: 上下のヒーターでオーブン調理など
AIR FRY: お惣菜のあたため/揚げもの調理など
TOAST: トースト、パンのあたために
BAGEL: ベーグルのあたために

トーストが一度に4枚焼ける


庫内が広いのでトースト4枚を一度に焼く事ができ、朝の時短に一役買います。

余分な油をカットしてヘルシー


熱風調理で食材を包み込むように温め、余分な油を落としてくれます。

この熱風調理がサクサクな食感+カロリーカットを実現させてくれ「美味しさ+ヘルシー」のいいとこどりを実現!

メッシュバスケットつき


深さ(4㎝)のあるメッシュバスケットつきだから、唐揚げや細いフライドポテトなどを調理する事ができます。

取り出しも楽にできるので、お手入れも簡単♪

以上が TOA-29JとTOA-28Jの共通した機能になります。

クイジナートTOA-29JとTOA-28Jどっちがおすすめ?

クイジナートTOA-29JとTOA-28Jはこんな人におすすめです。

クイジナートTOA-29Jがおすすめな人

・新商品を手に入れたい
・より美味しいパンを焼きたい
・焼き時間を少しでも短縮したい
・カラーはブラックが欲しい

クイジナートTOA28Jがおすすめな人

・型落ちだけど価格を抑えたい
・共通機能だけで充分と感じた
・置く場所の奥行が限られている

まとめ

クイジナートTOA-29JとTOA-28J の違いについてご紹介してきました。

こうして変更した点を見ると、型落ちのTOA-28Jでも充分に美味しいパンが焼けて、美味しい揚げ物も食べられそうですよね。

私としては共通機能だけで充分だし、少しでも安く買えるなら型落ちの TOA-28J でもいいかなぁ。って思っちゃいました^

購入前の参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ