\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

テプラガーリーsr-gl1とsr-gl2の違いは?機能や特長についても新旧比較!

当ページのリンクには広告が含まれています。

キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の違いを比較してご紹介します。

キングジム ガーリーテプラの違いは

・デザイン
・フォント
・入力方式
・文字入力方式
・ディスプレイ表示
・印刷できる行数
・印刷性能
・特殊印刷機能

以上の8点になります。

キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2はどちらも、おしゃれで可愛いラベルやリボンを作ることができる便利なラベルライターです。

SR-GL2では本体のデザインが変わったり、内蔵文字数や熟語数が増えたりと、SR-GL1よりもさらにバージョンアップしていますが、中でも一番大きな変更点は、特殊機能が3つ増えたことですね^^

本文で、キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の違いを詳しくご紹介していきますね。

共通の機能や特長なども後半でお伝えしていますので、購入前の参考にしてみてください。

🔻ガーリーテプラSR-GL1はこちら🔻

🔻ガーリーテプラSR-GL2はこちら🔻

もくじ

テプラガーリーsr-gl1とsr-gl2の違いを比較

キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の違いは

・デザイン
・フォント
・入力方式
・文字入力方式
・ディスプレイ表示
・印刷できる行数
・印刷性能
・特殊印刷機能

以上の8点になります。

それぞれ詳しくご紹介していきますね。

デザイン

キングジム ガーリーテプラSR-GL1は宝石箱のような可愛いデザインになっています。

カラーはシェルピンクとペールブルーの2色があります。

好みに合わせて替えられる大きなリボンがアクセントになっていますね^^

カラーやデザインが上品で、リビングやデスクに置きたくなりますよ♪

キングジム ガーリーテプラSR-GL2は、コスメポーチのようなデザインになっています。

カラーはコーラルピンクとクリームの2色があって、どちらも可愛いカラーですね^^

縫製カバーと本体が一体化されていて、ファスナーで開閉する形になっていますよ。

カバーはしっとりとした肌触りの良さがあり、エンボス加工でロゴが刻印されていて、高級感があります。

そして、モロッカン調の柄に、ゴールドのファスナーとリボンの持ち手がアクセントになっています。

縫製カバーの内側には小さいポケットがついているので、作ったラベルを保管することもできますよ♪

SR-GL2は質感や触り心地にもこだわって作られているので、大人が持っていてもおしゃれなラベルライターですね^^

ちなみに、キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2のサイズには若干の違いがあります。

SR-GL1のサイズは15.4cm×10.8cm×6.25cmで重さは530g、SR-GL2は18cm×11.7cm×6.2cmで重さは510gと、SR-GL2の方が軽いですが、サイズは一回り大きくなっていますよ。

SR-GL1とSR-GL2はどちらも可愛いカラーデザインなので、好きなデザインで選んじゃうって手もありますよ♪( ´▽`)

フォント

キングジム ガーリーテプラはSR-GL1とSR-GL2のどちらも8種類のフォントから選ぶことができますが、フォントの内容に少し違いがあります。

表でまとめてみたので、見てみましょう♪

フォントSR-GL1SR-GL2
ベーシック
フォーマル
エレガント
アンティーク
クラシック
てがき
ポップ×
ハート×
スリム×
スイート×

共通しているフォントと、SR-GL1とSR-GL2それぞれにしかないフォントがありますね。

SR-GL1にあったポップとハートがなくなり、SR-GL2では新しくスリムとスイートが登場しました。

また、”てがき”のフォントはSR-GL1とSR-GL2に共通してあるフォントではありますが、少しだけ形に違いがあります。

SR-GL2の方が手書きに近いフォントになっている印象ですね^^

ちなみに、SR-GL1とSR-GL2のどちらも、エレガントとクラシックのかなフォントは同じになっています。

また、SR-GL1のベーシックとハートのかなフォントも同じになっていますよ。

文字のサイズや外枠、表組など細かい設定にも違いがあるので、説明します。

細かい違いがあるので、わかりやすいように簡単に表でまとめてみました。

SR-GL1SR-GL2
書体漢字:1書体かな:8書体英字:8書体漢字:3書体かな:7書体英字:8書体
フレーム69種85種
内蔵文字・熟語数4,974文字63,000語5,323文字63,000語

ちょっとした違いがありますよね〜!

書体について簡単に説明すると、フォントは8種類ですがいくつかのフォントで共通の漢字やかなを使っているものもあります。

SR-GL1では8種類のフォントの漢字は1つしかなかったのに、SR-GL2では漢字の種類が3種類に増えています♪

漢字やかな、英字のバリエーションが増えたので、好みのデザインを作れるのが嬉しいですね。

また、内蔵文字数や熟語数、フレームも、SR-GL2の方が多くなっています。

漢字のバリエーションやフレーム、文字数などはSR-GL2の方が増えてバージョンアップされていると言えますね^^

入力方式

キングジム ガーリーテプラSR-GL2はローマ字入力式とかなめくり方式の2つの入力方法から好きな方を選ぶことができます。

キングジム ガーリーテプラの文字ボタンは、SR-GL1とSR-GL2どちらもJIS配列キーボード式というパソコンのキーボードと同じ文字配列になっています。

みなさん、パソコンで文字を入力する時は、ローマ字で入力していきますよね!

パソコンに慣れている方は文字を打つのも苦ではないと思いますが、ローマ字やキーボード入力に慣れていない方にはローマ字入力式だと操作が大変かもしれません。

SR-GL2はローマ字入力の他に、かなめくり方式にも対応しているので、「あかさたなはまやらわ」のボタンで入力することもできますよ。

例えば、「ふ」と入力する場合で説明しますね。

まず、ディスプレイのインジケーターで「かなめくり入力」「ひらがな入力」に設定されていることを確認します。

あとは、「は」のボタンを3回押せば「ふ」と入力できますよね♪

かなめくり方式の方が打ちやすい方はSR-GL2がおすすめですよ^^

ディスプレイ表示

キングジム ガーリーテプラのSR-GL1とSR-GL2ではディスプレイに表示される文字数が違います。

SR-GL1は6文字4行で、SR-GL2は8文字4行になります。

表示される文字数が多いと、プリントする時のイメージがしやすいですよね^^

他にも、文字サイズの選択肢にも違いがあって、SR-GL1は5段階5種、SR-GL2は6段階あります。

ディスプレイの見やすさやプリントのシュミレーションのしやすさではSR-GL2が圧倒的に魅力的ですね^^

印刷できる行数

キングジム ガーリーテプラのSR-GL1とSR-GL2では、印刷可能な行数に違いがあります。

SR-GL1は3行まで、SR-GL2は5行までとなりますよ。

印刷できる行数を表にまとめてみました。

テープ幅SR-GL1SR-GL2
4mm1行まで1行まで
6mm2行まで2行まで
9mm3行まで3行まで
12mm3行まで4行まで
18mm3行まで5行まで

SR-GL1は最大3行までですが、SR-GL2はテープ幅によって最大5行まで印刷できます。

SR-GL1も3行まで印刷できますが、5行まで印刷することがあるかも?!という方はSR-GL2がおすすめですね^^

印刷性能

キングジム ガーリーテプラのサーマルヘッドは、SR-GL1とSR-GL2ともに180dpiで、dotについてはSR-GL1が64dot、SR-GL2が96dotと増えています。

あまり聞いたことのない単語ばかり羅列してしまいましたが、結論からいうと、SR-GL2の方が印刷性能が高いということです^^

サーマルヘッドとは簡単に説明すると、プリンタに使う発熱ヘッドのことで、インクリボンとテープを密着させながら加熱して、インクを転写します。

dotとは点のことで、dpiとは1インチあたりの印字可能なドット数のことですね。

テプラの場合で言えば、dotの数が多いほどより精細な印刷ができるということで、つまり印刷のクオリティが高いということです!

フレームやイラストなどをよく印刷するなら、精細にプリントできるSR-GL2の方がおすすめですよ♪

特殊印刷

キングジム ガーリーテプラのSR-GL1とSR-GL2では、搭載されている特殊印刷機能に違いがあるので説明しますね。

SR-GL1には「ぞく2印刷機能」が搭載されていて、連続印刷が可能です。

特殊印刷ボタンを押して枚数を指定すると、プリントしながら個別にカットまでしてくれますよ。

同じものをたくさん作りたい時には、自動的に印刷とカットをしてくれるのがとても便利ですよね♪

しかもこの連続印刷は最大100枚まで対応しているんですよ!

ただ、SR-GL2では残念ながら、「ぞく2印刷機能」は搭載されていません。

連続印刷したい方はSR-GL1がおすすめですね^^

ただ、SR-GL2には「ぞく2印刷機能」はありませんが、SR-GL1にはない特殊印刷機能が搭載されています。

その特殊印刷機能が、「日付シール印刷機能」「お名前タグ印刷機能」「ピッとコード印刷機能」の3つです。

1つ目の「日付シール印刷機能」とは、日付シールボタンを押すと、月・日・曜日とフレームを自由に組み合わせて、オリジナルの日付シールを簡単に作ることができる機能です。

バレットジャーナルを書く方や手帳会議が好きな方などにもおすすめですね♪

また、化粧品や調味料などに開封した日付を貼ったりという使い方もできますよ^^

ただし、テープ幅は12mmと18mmのみ印刷可能です!

2つ目の特殊機能は「お名前タグ印刷機能」です。

リボンをセットしてお名前タグボタンを押せば、ちょうどタグの穴を空けられるようスペースをとってプリントしてくれます。

リボンは付属のカッターでカットせずにハサミでカットしてから、別売の「お名前タグメーカーSRT10」と専用スナップボタン(SRTB1)を使えばオリジナルのリボンタグができますよ♪

SR-GL1にはお名前タグ印刷機能は搭載されていませんが、テープ送り機能を使って印刷すれば、お名前タグを作ることができますよ^^

3つ目の特殊機能は「ピッとコード印刷機能」です。

「ピッとコード」ボタンを押してプリントした2次元コードを専用iOS無料アプリで読み取ると、紐づけられた写真・動画・テキストなどのデータをすぐに呼び出せます!

ただし、「ピッとコード」は4mm・6mm幅のテープには印刷できないので注意しましょう。

🔻ガーリーテプラSR-GL1はこちら🔻

🔻ガーリーテプラSR-GL2はこちら🔻

テプラガーリーsr-gl1とsr-gl2の共通の機能や特長

キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の共通の機能や特長は

・印刷できるテープ
・自動カット
・りぼん連続印刷
・イニシャル作成
・鏡文字印刷
・2way電源

などがあります。

詳しくご紹介していきますね。

印刷できるテープ

キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2で印刷できるテープは共通していますよ。

使えるのはPROテープカートリッジの4、6、9、12、18mm幅の5種類です。

ちなみに、SR-GL1とSR-GL2は印刷できるテープの幅は同じなのですが、SR-GL1では12mmと18mm幅のテープに印刷される最大文字サイズは9mmとなります。

つまり、SR-GL1で18mmのテープに最大文字サイズで印刷しても余白が大きくなるということですね。

SR-GL2ではテープ幅に合わせて最大文字も大きくなるような仕様になっていますよ。

テープのデザインにこだわりたい方はSR-GL2の方がおすすめですね^^

PROテープカートリッジはなんと250種類以上あって、カラーラベル、マットラベル、マスキングテープタイプなどがあります。

好きなカラーやデザイン、質感のテープを選んで可愛くラベルを作れるのが楽しいですよね♪

自動カット

キングジム ガーリーテプラはSR-GL1とSR-GL2どちらも自動カット機能が搭載されていて、さらに、自動カットをするかしないかも設定で選択できます。

自動カットに設定しておけば、プリントしたら自動的にカットしてくれるので楽ちんですよね♪

逆に、「自動カットしない」設定にすれば、プリントした後にテープ送りをして長さを調整することもできます。

りぼん連続印刷

キングジム ガーリーテプラはSR-GL1とSR-GL2のどちらもりぼんにプリントすることができます。

特殊印刷の一つである「りぼん連続印刷」という機能を使うと、指定したりぼんの長さに同じ文章やイラストを繰り返し印刷してくれます。

PROテープカートリッジりぼんの9mmと12mm幅にプリントできますよ♪

好きなデザインで、オリジナルのリボンを作れるので、プレゼントのラッピングや手作りスイーツのラッピングなどアイディア次第でいろんなことに使えそうですよね!

イニシャル作成

キングジム ガーリーテプラはどちらもイニシャルマークを作成できます。

好きなデザインと文字を組み合わせれば、お好みのオリジナルイニシャルマークを作れます♪

持ち物の目印にしたり、プレゼントのラッピングにしても良いですね♪( ´▽`)

鏡文字作成

鏡文字作成機能とは特殊印刷の一つです。

キングジム ガーリーテプラのSR-GL1とSR-GL2ではどちらも鏡文字でラベル印刷することができます。

どういう時に使うのか2つのケースを紹介しますね^^

1つ目は、アイロンラベルやアイロン転写テープにプリントする場合です。

アイロンラベルは布類に貼り付けられるラベルで、アイロン転写テープは文字や絵文字部分だけを布類に転写できるものになっています。

アイロンで転写して使うものなので、鏡文字でプリントする必要があるんですよ^^

2つ目は、透明なアクリル板や透明な引き出しの裏側にラベルを貼る使い方ですね。

表側から見ると正しい文字で見えます。

引き出しなどの表面にラベルを貼ると、汚れたり剥がれたりしやすいですが、裏から貼ると長持ちしますよね^^

2way電源

キングジム ガーリーテプラはどちらも2way電源となっていて、別売りのACアダプタか電池を使うことができます。

ただし、SR-GL1とSR-GL2では使う電池の種類が違うので注意しましょう。

SR-GL1は単4電池6本、SR-GL2は単3電池6本となりますよ。

🔻ガーリーテプラSR-GL1はこちら🔻

🔻ガーリーテプラSR-GL2はこちら🔻

まとめ


キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の違いについてご紹介してきました。 キングジム ガーリーテプラSR-GL1とSR-GL2の違いは、 ・デザイン
・フォント
・入力方式
・文字入力方式
・ディスプレイ表示
・印刷できる行数
・印刷性能
・特殊印刷機能 の7つがあります。 一方で、SR-GL1とSR-GL2で共通する機能や特長は ・印刷できるテープ
・自動カット
・りぼん連続印刷
・イニシャル作成
・鏡文字印刷
・2way電源

などがあります。

SR-GL1には連続印刷機能があるので、一度に大量のラベルを印刷したい場合にとても便利ですね♪

ラベルやリボンのデザインにこだわりたい方はSR-GL2がおすすめですよ^^

どちらのキングジム ガーリーテプラもデザインが可愛いので、1つずつ欲しくなりました♪( ´▽`)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

🔻ガーリーテプラSR-GL1はこちら🔻

🔻ガーリーテプラSR-GL2はこちら🔻

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ