\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の違いを比較!おすすめはどっち?対流型石油ストーブ

当ページのリンクには広告が含まれています。

対流型石油ストーブ、コロナKS-67HとトヨトミSL-6623の違いを比較してご紹介します。

見た目は同じように見えるのですが、機能などに違いがあるので購入前にどちらにしようか悩む方も多いと思います。

私は2023年こそ石油ストーブ買うぞと決めて口コミやHPを見て比較検討したのですが、以下のような違いがありました。

  • タンク容量と燃焼時間
  • トヨトミKS-67Hはニオイセーブ消化機能あり
  • トヨトミKS-67Hの方が芯が長持ち
  • トヨトミKS-67Hは二重タンク構造
  • トヨトミKS-67Hの方が点火がラク
  • コロナSL-6623の方がコンパクト
  • デザインやカラー
  • 価格

どっちもデザイン性バツグンに可愛いので悩んじゃいますよね‥私と同じようにどっちにしようか決められないあなたに見てもらえたら嬉しいですw

早速本文にて詳しくご紹介しますね!

🔻トヨトミ石油ストーブKS-67Hはこちら🔻

🔻コロナSL-6623はこちら(型番SL-6622は2022年度製)🔻

もくじ

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の違いを比較

対流型石油ストーブコロナKS-67HとトヨトミSL-6623の大きな違いは8点!

  • タンク容量と燃焼時間
  • トヨトミKS-67Hはニオイセーブ消化機能あり
  • トヨトミKS-67Hの方が芯が長持ち
  • トヨトミKS-67Hは二重タンク構造
  • トヨトミKS-67Hの方が点火がラク
  • コロナSL-6623の方がコンパクト
  • デザインやカラー
  • 価格

それぞれの違いを早速詳しく見てみよう!

違い1:タンク容量と燃焼時間

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623はタンク容量と燃焼時間の違いがあります。

トヨトミKS-67H:タンク容量6.3L、燃焼継続時間約9.7時間
コロナSL-6623:タンク容量7.0L、燃焼時間10.9時間

トヨトミKS-67Hの方0.7L多く給油できるので、燃料補給の回数が若干少なくて済みます。

違い2:トヨトミKS-67Hはニオイセーブ消化機能あり


トヨトミKS-67Hはニオイセーブ消化機能を搭載しており、消火時のニオイを軽減してくれる機能があります。

コロナSL-6623はこの機能はないので、臭いに敏感な方はトヨトミKS-67Hの方がおすすめです。

違い3:トヨトミKS-67Hの方が芯が長持ち


トヨトミKS-67Hは「でるでる芯」という特殊な芯を採用しており、1つの芯で約3回分使う事ができます。

1年で芯を取り替えたとしても3年以上は芯の交換を心配をする必要がなくなりますよ♪

コロナSL-6623は1つの芯で約1回分となっているので、芯の交換頻度やコストを考えるとトヨトミKS-67Hの方が優れていますね。

違い4:トヨトミKS-67Hは二重タンク構造


トヨトミKS-67Hは二重タンク構造になっていて、燃料タンク内部に空気が入らないような構造になっています。

これにより、燃料が劣化しにくなるので長く使い続けることができますね^^

コロナSL-6623は二重タンク構造ではないので、燃料の品質を保つためにはトヨトミKS-67Hの方が有利です。

違い5:トヨトミKS-67Hの方が点火がラク


KS-67HはKS-67Hは電子着火を採用しているので、ダイヤルを回すだけでスムーズに点火できます。

それぞれの点火方法は以下のようになります。

トヨトミKS-67H

  • 調節つまみを点火の方向へゆっくり回す
  • 火が付いたことを確認する
  • 点火とびらを開けて燃焼ツマミを左右に動かして正しくセットされているか確認
  • 点火とびらを閉めて完了

コロナSL-6623

  • 耐震自動消火スイッチをセット
  • 芯調節つまみを止まるまでまわす
  • 点火とびらを開いて燃焼ツマミが見えるのを確認
  • オレンジの点灯レバーを押して点火
  • 点火を確認したら燃焼つまみを左右に動かして正しくセットされているか確認
  • 点火とびらを閉めて完了

点火の工程が少ないのがトヨトミKS-67Hなのですが、慣れてしまえば操作はどちらも変わらない気がしますね^^

違い6:コロナSL-6623の方がコンパクト

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623のサイズは以下のようになっています。

トヨトミKS-67H:高さ583×幅482×奥行き482(mm)
コロナSL-6623:高さ598×幅460×奥行460(mm)

コロナSL-6623の方が高さはあるものの幅や奥行はトヨトミ石油ストーブよりコンパクトになっています。

ただ、違いは1~3センチ程度なので見た目のサイズ感はあまり変わらないと思いますよ♪

違い7:デザインやカラー


トヨトミKS-67HとコロナSL-6623は見た目は同じような昭和レトロ感のある丸いフォルムになっています。

トヨトミの方はタンクも丸いのですが、コロナはタンクだけ角ばったようなタンクです。

また、カラーはどちらもホワイトカラーなのですが

トヨトミKS-67H:グレーがかったホワイト(天板はグレー)
コロナSL-6623:ナチュラルなホワイト(天板もホワイト)

並べてみると同じホワイトでもかなり色の違いがあるので注意してくださいね。

トヨトミKS-67Hはグレーとブラックのカラーも選べるよ♪

ピュアホワイトという別注カラーもあります♪少し高めだけど可愛い❤

🔻トヨトミKS-67ピュアホワイトはこちら🔻

違い8:価格

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623は店舗によって価格が変わりますが、トヨトミKS-67Hの方が数千円高いお店が多いです。

店によって価格が違ったりクーポン割引があるので、購入する際は色々見て回って最安値を探してみてくださいね。

🔻トヨトミ石油ストーブKS-67Hはこちら🔻

🔻コロナSL-6623はこちら(型番SL-6622は2022年度製)🔻

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623 おすすめはどっち?

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の石油ストーブ、どちらがどんな方におすすめなのか整理してみましょう。

トヨトミKS-67Hがおすすめな人

  • 機能性重視
  • なるべく長く使い続けたい
  • 少しでも楽に点火したい

コロナSL-6623がおすすめな人

  • 給油回数を少しでも減らしたい
  • ナチュラルなホワイトカラーが好き
  • 機能性より見た目重視

トヨトミ石油ストーブには二重構造や芯が長持ちする機能などコロナストーブにはないものが多く搭載されているので機能性重視する方はトヨトミ石油ストーブの方がおすすめです。

タンクの容量が少しでも大きければ給油の回数も減るので、容量重視の方はコロナストーブですね。

カラーも同じホワイトでもトヨトミはかなりグレーっぽいので、ホワイト系が欲しいならコロナストーブにするか別注のピュアホワイトにするか‥といった感じでしょうか^^

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623 比較表

スクロールできます
トヨトミKS-67HコロナSL-6623
タンク容量6.3L7.0L
燃焼時間約9.7時間10.9時間
暖房の目安木造17畳・コンクリ24畳木造17畳・コンクリ23畳
ニオイセーブ消化機能ありなし
芯の長持ち度1つの芯で3回分1つの芯で1回分
二重タンク構造
使用電池単2電池4個単1電池2個
サイズ高さ583×幅482×奥行き482(mm)高さ598×幅460×奥行460(mm)
重さ11kg11.2kg
カラーホワイト・グレー・ブラック(別注カラーあり)ホワイト
価格店舗により異なる店舗により異なる

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の共通した機能や特長

遠赤外線で体の芯まで暖かい


トヨトミKS-67HとコロナSL-6623は、遠赤外線を使って体を温めてくれる石油ストーブです。

遠赤外線は体の外側だけでなく中から暖めてくれるので、寒い日でも体の芯までぽかぽか感じられます^^

寒がりや冷え性の方には対流型の石油ストーブはピッタリです♪

耐震自動消火装置あり

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623は耐震自動消火装置が備わっています。

この装置は、地震が起こった時などに石油ストーブが倒れたり揺れたりすると、自動的に火を消してくれる機能です。

万が一の時でも安心して使う事ができますね^^

また、停電になってしまった時でもトヨトミKS-67HとコロナSL-6623は使う事ができるので備蓄用品の1つに購入されている方も多いようです。

天板で料理や加湿ができる

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623は、天板で料理や加湿ができるのも嬉しいポイントです。

天板を使って料理ができると、ガスコンロを使わずに温かい食事を楽しむことができ節約にもなりますね^^

また、天板にやかんを置けば加湿器としても活用できます。

加湿器がなくても乾燥した空気を潤せるので一石二鳥ですよ( *´艸`)

実際にトヨトミKS-67Hを購入してみました!

トヨトミとコロナの石油ストーブを比べてみて我が家は機能性が高いトヨトミKS-67Hを購入しましたよ♪

実際に使ってみた感想などはこちらの記事で紹介していますので、良かったら読んでみてくださいね。

↓ ↓

記事

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の違いを比較!おすすめはどっち?対流型石油ストーブ

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623の違いは以下の8点になります。

  • タンク容量と燃焼時間
  • トヨトミKS-67Hはニオイセーブ消化機能あり
  • トヨトミKS-67Hの方が芯が長持ち
  • トヨトミKS-67Hは二重タンク構造
  • トヨトミKS-67Hの方が点火がラク
  • コロナSL-6623の方がコンパクト
  • デザインやカラー
  • 価格

トヨトミKS-67Hはニオイセーブ機能や二重タンク構造などコロナSL-6623には搭載されていない機能が多くあります。

機能性を重視するならトヨトミKS-67Hの方が優れていると感じます。

私の場合、機能はトヨトミ!デザインとカラーはコロナ!だったのでかなり悩んで機能性のトヨトミにしました。

トヨトミKS-67Hには「ピュアホワイト」という別注カラーがあるのを知らなかったので、知ってたら絶対こっち選んでました^^;


コロナよりもかなり白!って感じですがホワイト好きにはたまりませんよね笑。

良かったら購入前の参考にしてみてくださいね。

「参考になった!」と思ったらハートをポチっと押してくれると喜びます♪

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623 それぞれの口コミや機能

トヨトミKS-67HとコロナSL-6623 それぞれの口コミや詳しい機能などの詳細は別の記事で紹介していますので、お時間があればチェックしてみてくださいね♪

>>コロナ石油ストーブSL-6623の口コミ評判は?燃費やしまい方やについて

>>トヨトミ石油ストーブKS-67Hの口コミやレビューは?燃焼時間やサイズについて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ