\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ネームランドkl-m7-caとkl-m7の違いを比較!おすすめはどっち?カシオ

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネームランドKL-M7-CAとKL-M7の違いを比較してご紹介します。

ネームランドKL-M7-CAとKL-M7の違いは、

それは・・「専用ケース付属の有無」と「価格の違い

これだけなんですw

ネームランド本体のデザインや機能や特長などはKL-M7-CAとKL-M7は全て同じものになります。

本文にてカシオネームランドKL-M7-CAとKL-M7の違いを詳しくご紹介していきますね。

共通の機能や特長なども後半でお伝えしていますので、購入前の参考にしてみてください^^

🔻ネームランドKL-M7-Cは本体ケース付き🔻

🔻ネームランドKL-M7は本体のみ🔻

もくじ

ネームランドkl-m7-caとkl-m7の違いは?


カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の違いは

専用ケース付属の有無」と「価格の違い

以上の2つだけです。

KL-M7-CA:専用ケース付きモデル
KL-M7:専用ケースなしのスタンダードモデル

になります。

ネームランド本体の機能や特長は全く同じだよ♪

カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の機能や特長については後ほど詳しく説明しますね。

KL-M7-CAの専用ケースについては、A4サイズのファイルボックスサイズとなっています。

専用ケースには本体とACアダプタのほか、テープも一緒に収納できるので、一つにまとまるのが嬉しいですね♪

KL-M7の使いやすさはそのままに、収納しやすいケースがついたという形になります^^

また価格の違いについてですが、各通販サイトによりますが収納ケース付きのKL-M7-CAの方が1,500~2,500円程度高めになっています。

楽天・Amazon、お店によって値段が違うので色々調べるのがおすすめ!

テープ付や充電器とセット売りされているお店もあるよ♪

🔻本体ケース付きKL-M7-Cはこちら🔻

🔻収納ケースがいらない場合はKL-M7🔻

ネームランドkl-m7-caとkl-m7の共通の機能や特徴

カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7は、専用ケースが付属するかしないかの違いがあるだけで、本体は同じものとなっています。

カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の機能や特長は

  • 文字を打ちやすいサイズ
  • ハーフカット機能付きオートカッター
  • 豊富な内蔵文字数
  • バラエティ豊富なテープ幅
  • 縦横同時印刷可能
  • 電池とAC電源両方使える

などがあります。

詳しくご紹介していきますね。

文字を打ちやすいサイズ

カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7のサイズについて説明します。

20.2cm×21.6cm×6.45cmで、重さは750gですよ^^

文字のボタンがパソコンのキーボードと同じ並びのタイプで、使いやすいサイズ感のラベルライターですね。

ハーフカット機能付きオートカッター


カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7のハーフカット機能付きオートカッターについて説明します。

台紙はカットせず、シールだけに切り込みを入れて、台紙から剥がしやすくなっていますよ。

口コミでも、剥がしやすい!と高評価な機能でした^^

ただし、3.5mmや6mmといった細めのテープや薄いメンディングテープはハーフカットできないことがあるので注意してくださいね。

もちろん、お好みや使うテープによってハーフカットしたり、ハーフカットにせずにフルカットにしたりと選べます。

もっと詳しく言うと、ハーフカットとフルカット、特殊テープカット、カットしないの4つからカットモードを選べますよ^^

特殊テープを指定するのは、自己粘着テープ、布転写テープ、インスタントレタリングテープなどにプリントする場合で、カットしない場合というのは、反射テープ、マグネットテープ、アイロン布テープ、熱収縮チューブにプリントするときに選びます。

ちなみに、大量にラベルをプリントする時や連番印刷する時には、このハーフカット機能が生かされてきます!

テープをバラバラにせずにハーフカットしてくれるので、大量にラベル作りをする時にはとっても便利ですよ♪

豊富な内蔵文字数


カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の内蔵文字やイラストなどについて説明します。

漢字は3種類、かなは8種類、英数12書体、絵文字・記号1,243種類、フレーム75種類、定型フォーマット96種類、デザインロゴ100種類が内蔵されています。

文字は5,640字内蔵されていますよ。

ちなみに、デザインロゴとは、日常の中でよく使う言葉とイラストを組み合わせたラベルです。

ゴミの分別や書類の整理に役立つロゴなどが多数ありますよ^^

日常の色々なシーンで役立ちそうなデザインロゴが100種類内蔵されているので、手間なく便利なラベルを作れますね♪

バラエティ豊富なテープ幅

カシオ計算機 ネームランドKL-M7-CAとKL-M7のテープの種類と幅について説明します。

ネームランドテープの3.5mm〜24mm幅が使えますよ^^

また、どちらもマグネットテープなどの特殊なテープも対応しています。

ちなみに、最大印字サイズが12mmとなっているので、18mm幅と24mm幅のテープでは最大12mmの文字サイズでプリントできます。

🔻ネームランドテープカートリッジはこちら🔻

テープ長さダイレクト設定

カシオ計算機 ネームランドKL-M7-CAとKL-M7のテープ長さダイレクト設定について説明します。

1mm単位で長さを調整できるので、よく作るラベルの長さを簡単に設定できますよ^^

なので、長さを揃えたラベルを作る・・・なんてこともできます♪

こだわってラベルを作りたい方には嬉しい機能ですね^^

縦横同時印刷可能


カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7は、縦横同時印刷機能が搭載されています。

縦書きで印刷したり、横向きで印刷したりできるのはもちろん、縦と横を1セットで印刷することができますよ。

例えば、ファイルの背表紙と表紙にラベルを貼る時などに便利な機能ですね^^

電池とAC電源の両方使える


カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の電源について説明します。

電池とAC電源の両方が使えますよ♪

電池で使う場合は、単3電池8本が必要になります。

AC電源で使う場合は、付属のACアダプタを使いますよ^^

AC電源と電池とでシチュエーションによって選べるので、場所を選ばず使えるのが便利ですね!

🔻ネームランドKL-M7-Cは本体ケース付き🔻

🔻ネームランドKL-M7は本体のみ🔻

まとめ

カシオ計算機 ネームランドBiz KL-M7-CAとKL-M7の違いについてご紹介してきました。

違いは専用ケースの有無だけです!

どちらもネームランド本体や機能は同じなので、私は専用ケース付きが気になります^^

収納のしやすさも大事ですよね。

カシオ計算機 ネームランドBizは家庭でも仕事でも便利に使えるラベルライターなので、何かと便利に使えそうですよ♪

最後まで読んで頂きありがとうございました。

🔻ネームランドKL-M7-Cは本体ケース付き🔻

🔻ネームランドKL-M7は本体のみ🔻

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ