\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

トフィーK-TS6とK-TS3の違いを比較したら7つあった!遠赤スチームトースター

当ページのリンクには広告が含まれています。

トフィー遠赤スチームトースターK-TS6とK-TS3の違いをご紹介します。

トフィーK-TS6とK-TS3の違いは大きく7つありました。

  • 1度に焼ける枚数
  • スチーム機能の有無
  • 火力切替
  • お手入れのしやすさ
  • デザイン
  • サイズ
  • 価格

トフィーK-TS6とK-TS3には異なる部分がとても多いなと感じました。

なので、これから購入を検討されている方はこちらで是非チェックしてみてくださいね♪

トフィーの家電ってどれもこれもレトロなデザインで可愛いので私は大好きです(n*´ω`*n)

早速詳しくご紹介していきますね!

もくじ

トフィーK-TS6とK-TS3の違いを比較したら7つあった!

トフィー遠赤トースターK-TS6とK-TS3の違いは

  • 1度に焼ける枚数
  • スチーム機能の有無
  • 火力切替
  • お手入れのしやすさ
  • デザイン
  • サイズ
  • 価格

大きく分けて以上の7つの違いがありますので、1つずつ詳しくご説明していきますね♪

1度に焼ける枚数

トフィーK-TS6とK-TS3は1度に焼ける食パンの枚数に違いがあります。

K-TS6➡4枚焼き
K-TS3➡2枚焼き

新製品のトフィーK-TS6は1度に食パンを4枚焼く事ができるので、4人家族なら1度に焼くことができます。

忙しい朝には便利!

しかもトフィーK-TS6は庫内が広いので大きめのピザも切らずにそのまま焼けるのも嬉しい特長♪


スチーム機能の有無

トフィーK-TS6とK-TS3はスチーム機能があるか、ないかといった違いもあります。

K-TS6➡スチーム機能あり
K-TS3➡スチーム機能なし

新製品のトフィーK-TS6はスチーム用の独立ヒーターが搭載されています。

付属の給水カップで庫内に水を入れてから食パンを焼くと<外カリ中ふわ>の理想的な食パンを味わう事ができます♪

K-TS6とK-TS3のどちらにも搭載されている遠赤外線ヒーターだけでも、表面こんがりで中がふんわりした食パンが焼けるのですが、スチームヒーターを使うとよりふんわりとやわらかい食パンが食べられますよ( *´艸`)

火力切替の違い

トフィーK-TS6とK-TS3には火力切替モードに違いがあります。

K-TS6➡スチームトースト:1250W/HIGH:1000W/MEDIUM:735W/LOW:470Wのスチーム+3段階調節
K-TS3➡360W/540W/900Wの3段階調節可能

どちらもダイヤル式で設定したい温度まで回すだけなので操作はとても簡単です。

新製品トフィーK-TS6の方が高い温度設定が可能なので、ピザやパンなど高温の料理がより美味しく作れそうですね♪

お手入れのしやすさ

トフィーK-TS6とK-TS3はお手入れのしやすさに大きな違いがあります。

というのも

K-TS6➡扉を外して丸洗い可
K-TS3➡扉がはずせない

新製品トフィーK-TS6は扉を外して丸洗いができるので、常に清潔に保つ事ができます。

トースター扉の溝部分に落ちたパンくずって掃除するの大変なんですよね‥ふきんで掃除しても完全に取りきれないし((+_+))

扉をはずして丸洗い可能ならパンくずストレスフリーになれるので、これは嬉しい心遣いです♪

デザイン


大きさ

トフィーK-TS6とK-TS3には大きさに違いがあります。

<K-TS6>
本体寸法:約344(W)×245(H)×330(D)mm(ハンドル・給水カップ含む)
庫内寸法:約267(W)×85(H)×260(D)mm

<K-TS3>
本体寸法:約310(W)×220(H)×245(D)mm
庫内寸法:約240(W)×70(H)×155(D)mm

縦と横幅は数センチの違いとなっていますが、奥行がかなり違うのでトースターを設置する場所をしっかり確認してから購入するようにしてくださいね。

価格

トフィーK-TS6とK-TS3は価格にかなりの違いがあります。

K-TS6➡20,000円(税抜)
K-TS3➡6,800円(税抜)

2023年2月、トフィーの公式サイトの価格は上記のようになっているのですが約3倍の差があります( ゚Д゚)

庫内が広くなったのとスチーム機能も搭載された事で値段も上がっているようです。

これはどちらを買うか悩みどころですね^^;もし値段を気にしないのを前提であれば

・家族が4人以上
・食パン以外のお料理にも活用したい
・朝の時短をしたい
・より美味しい食パンを食べたい

こんな風に思っている方は新製品のトフィーK-TS6を♪

・1~2人暮らし
・食パンくらいしか焼く予定なし

こちらに当てはまる方は2枚焼きで価格の手頃なK-TS3がおすすめです。

ご家庭の生活スタイルに合わせて選んでみてくださいね。

トフィー遠赤トースターK-TS6とK-TS3の共通の機能や特長

トフィー遠赤トースターK-TS6とK-TS3の共通した機能や特長についてご紹介しますね。

遠赤外線ヒーター搭載

トフィーK-TS6とK-TS3には遠赤外線ヒーターが搭載されています。

遠赤外線ヒーターで焼くと表面はこんがり&中はふんわりと仕上がり、より美味しい食パンを味わう事ができます^^

専用トレイつき

トフィーK-TS6とK-TS3には専用トレイが付属されています。

チーズを使ったり油がでる料理を作ろうとすると、網の下に落ちてしまって掃除が大変なんですよね。

そんな時は専用トレイに乗せてオーブンに入ると、調理もその後の手入れも簡単にできちゃうのでとても便利ですよ♪

タイマー付き

トフィーK-TS6とK-TS3には15分のタイマーが付いています。

ダイヤルをひねって時間を指定するだけなので、誰でも簡単に操作可能です^^

おしゃれなカラー

トフィーK-TS6とK-TS3のカラーは

  • ペールアクア
  • アッシュホワイト

以上の2種類から選ぶ事ができます。

どちらも落ち着いたくすみカラーなので、どんなインテリアにもなじみそうですね♪

トフィーK-TS6とK-TS3の違いを比較したら6つあった!まとめ

トフィー遠赤スチームトースターK-TS6とK-TS3の違いをお伝えしてきました♪

まとめると

  • 1度に焼ける枚数
  • スチーム機能の有無
  • 火力切替
  • お手入れのしやすさ
  • デザイン
  • サイズ
  • 価格

以上の7つの違いがありましたね!

特に

・スチーム機能ありなし
・4枚焼きと2枚焼き
・価格

ここが一番のポイントではないかと感じました。

値段に違いがあるので、トースターは焼くだけでOKという場合は旧型でもいいのかなと^^;

でも家族で使うなら4枚焼き欲しいし、ピザも焼きたい!って思ったら迷わず新製品をおすすめします♪

ご家庭の生活スタイルに合わせて選んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ