K-HS5とK-HS3の違いを比較したら4つあった!Toffyハーフホットサンドメーカー

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違いをご紹介します。

Toffy(トフィー)ハーフホットサンドメーカーK-HS5は2022年12月14日に発売されたばかりの新商品になります。

現在販売されているK-HS3と見た感じでは同じように見えるのですが

・プレートが交換できる
・プレートに両面焼印ロゴ
・カラー
・価格

この4つに違いがあります。

これまでのトフィーのホットサンドメーカーK-HS3は、食パンでホットサンドしか基本的には作れませんでした。

それが新商品のK-HS5だとプレート交換ができるので食パン以外の材料で作れるレシピが増えて使い勝手が良くなったんですよ♪

今日はToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違いについて詳しくご紹介していきますね。

もくじ

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違い

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違いは

・プレートが交換できる
・プレートに両面焼印ロゴ
・カラー
・価格

この4点になります。詳しくご紹介していきますね。

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5はプレート交換できる


ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5はプレートが付け替えられるようになりました。

K-HS3にはハーフホットサンドプレートのみしか付いておらず付け替えする事もできません。

付け替えられるプレートは

・ワッフルプレート
・マルチプレート
・たい焼きプレート

以上の3種類となっています。

本体を購入した時はホットサンドプレートとワッフルプレートしか付属されていないので注意してください。

マルチプレートとたい焼きプレートは別売りなので送料とか考えると一緒に購入しておくのもおすすめです。

プレートを取り外して水洗いができるので、いつでも清潔に保てるのも嬉しいポイント♪

プレート交換できるようになると

  • パニーニサンド
  • 焼きおにぎり
  • ミニたい焼き
  • だし巻き卵サンド
  • クロワッサンたい焼き

など色々なアレンジ方で使う事ができちゃいます。

Toffy公式サイトにホットサンドメーカーを使ったレシピがたくさん掲載されているので、購入しても何を作ろうと困る事もないですよ♪

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5は両面焼印ロゴ付き


ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5はホットサンドプレートの両面に「Toffy」という焼印ロゴが付くようになりました。

K-HS3では上部しかロゴを印字できなかったのですが、今回は両面についているのでトフィーファンにとっては細かい所まで改善してくれるの嬉しいですね♪

カラーバリエーションの違い


ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3はカラーに違いがあります。

K-HS5
K-HS3
  • ペールアクア
  • グレージュ
  • アッシュホワイト
  • ペールアクア
  • シェルピンク

K-HS5は2色、K-HS3は3色から選ぶ事ができます。

どちらのカラーも落ち着いたマット系の色味で可愛いです♪カラーも迷ってしまいそうですね^^;

ペールアクアだけはどちらの機種でも採用されています‥人気なのでしょうか♪

新色のグレージュも個人的に好みです❤

\K-HS5のカラーはペールアクア・グレージュの2色/

\K-HS3のカラーはアッシュホワイト・ペールアクア・シェルピンクの3色/

価格の違い

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3は価格に4~5千円程度の違いがあります。

プレートが付け替えられるようになった分、値段も高くなりました。

ホットサンド以外にも作ってみたいなと感じている方はK-HS5、ホットサンドしか作らないと思うのであれば価格も安いK-HS3にするというように自分のライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

以上がToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違いになります。

最も大きく違うのは付け替えられるプレートが付いたという所ですね♪

私は自宅でたい焼きを作りたいと思っていたので、新製品のK-HS5がめっちゃ欲しくなりました‥w

\ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5はこちら/

\ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS3はこちら/

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の機能や特長

好きな具材をはさむだけでホットサンドが作れる


トフィーのホットサンドメーカーは好きな具材を挟むだけで、手軽に作ることができます。

食パンをセットして電源を入れておけば良いので忙しい朝にピッタリですね♪

しかも食パン1枚でホットサンドが作れるのでカロリーを気にする方にもおすすめです。


食パン2枚だと量が多すぎて食べ切れないと感じている女性や小食なお子様にも良いサイズ感!

1枚の食パンでしっかりサンドするので具材もこぼれにくいのも嬉しいポイントです。

立て置きOKでコンパクトなサイズ感


トフィーのホットサンドメーカーは立てて置けるのでスッキリと収納できます。

電源コードを背面に向けて立てて置いておけば生活感を感じさせません♪

デザインがレトロ可愛いのでインテリアとしてあえて見える場所に置いておいても良さそうですね(*’ω’*)

本体サイズは約167(幅)×96(高さ)×220(奥行)mmとコンパクトなサイズ感となっています。

以上がToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の共通した機能や特長になります。

\ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5はこちら/

\ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS3はこちら/

K-HS5とK-HS3の違いを比較したら4つあった!Toffyハーフホットサンドメーカーまとめ

ToffyハーフホットサンドメーカーK-HS5とK-HS3の違いをご紹介しました。

どちらを購入しようか決めるポイントは、ホットサンドプレート以外のプレートが必要か、必要じゃないかという点でしょうか。

今は必要ないけど将来的に欲しくなるかも・・なんて思っている方は新製品のK-HS5を買っておいた方が安心ですね♪

また価格を抑えたいしホットサンドプレートしか使わない感じるならK-HS3で充分です。

レトロ可愛いデザインが私のツボです。めっちゃ可愛いですよね( *´艸`)

良かったら購入前の参考にしてみてくださいね。

「参考になった!」と思ったらハートをポチっと押してくれると喜びます♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ