\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

sharkドライヤースピードスタイルとフレックススタイルの違いを比較!どちらを買えばいい?

当ページのリンクには広告が含まれています。

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いを比較してご紹介します。

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いを比較したところ、以下の6点がありました。

違い1 形
違い2 カラバリ
違い3 付属のアクセサリー
違い4 スウィングモードの有無
違い5 消費電力
違い6 値段

特に大きく違うのは、付属アクセサリーです。

簡単にいうと、スピードスタイルはT字型で、フレックススタイルはL字型です。

どちらもコンパクトで、折りたたんでもスマートなのですが、フレックススタイルは折りたたむと、L字型からスティック状に変わることがポイントですね。

スピードスタイルとフレックススタイルのどちらも、スタイリングできるようなアクセサリーも付属となっているので、ドライヤーとしてもスタイラーとしても使えるのが特徴です。

基本的なアクセサリーは共通しているのですが、カーラーはフレックススタイルのみに付属となっています。

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはアメリカのボストンに本社をおく、シャークニンジャが発売しました。

シャークといえば掃除機で有名ですよね!

シャークニンジャは2018年に日本に上陸し、2023年9月シャークビューティーブランドの第1弾としてフレックススタイルHD434J、第2弾としてスピードスタイルHD231Jが同日に発売されましたよ^^

どちらもそれぞれの特徴があります♪

細かい違いや共通点などは本文で詳しく解説していきますね!

これから購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

◆sharkドライヤースピードスタイルHD231J

◆フレックススタイルHD434J

もくじ

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いを比較

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いは以下の6つです。

  • カラバリ
  • 付属アクセサリー
  • スウィングモードの有無
  • 消費電力
  • 値段

それぞれの違いを詳しく紹介するよ♪

違い1:形

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはそもそも形が違います。

簡単に説明すると、スピードスタイルHD231JはT字型、フレックススタイルHD434JはL字型と言ったら良いでしょうか^^

スピードスタイルHD231JはT字型ですが、折りたたむとコの字型に近い形になります。

コンパクトになるので、引き出しの中でも場所をとりませんよ。

フレックススタイルHD434Jはスティック状にたためてスリムになるので、バッグなどにしまいやすいです♪

たたんだ時の形状がスティック状とコの字型の違いはありますが、どちらもコンパクトになるのがポイントです^^

どちらかというと、スティック状になると、よりかさばらないかもしれませんね!

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jは形が違うということもあって、ボタンの位置にも多少の違いがあります。

フレックススタイルHD434Jは、電源スイッチと、風量切替ボタン・風音切替ボタン・クールショットボタンが全て同じ面に設置されています。

一方でスピードスタイルHD231Jは、電源スイッチのみ反対の面にあります。

ボタンの配置の違いはありますが、ボタンそのものやボタンの種類はどちらも共通のものですよ^^

違い2:カラバリ

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いはカラーバリエーションにあります。

どちらも3色ずつ販売されているのですが、色味に違いがありますよ。

スピードスタイルHD231Jはフラミンゴピンク、シェルホワイト、ブラックメタリックの3色です。

セミマットタイプなので、光沢感も残しながらマットな感じのカラーです^^

フレックススタイルHD434Jは、ストーン、フラミンゴピンク、モカシルバーの3色です。

メタリックカラーで高級感が出ていますよ。

どちらにもフラミンゴピンクがありますが、セミマットとメタリックの違いがあるほか、スピードスタイルHD231Jの方が若干明るいピンクで、フレックススタイルHD434Jの方が少し落ち着いた印象のあるカラーですね^^

どのカラーも可愛くて迷っちゃいますね!

違い3:付属のアクセサリー

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434J付属のアクセサリーに違いがあります。

アクセサリースピードスタイルフレックススタイル
ロールブラシ
つるツヤローラー
ワイドノズル
エアカーラー35mm×

表の通り、スピードスタイルHD231Jにはエアカーラーが付属していません

また、ロールブラシは共通しているアクセサリーではありますが、スピードスタイルHD231Jではロールブラシのつまみを回すとブラシが回転してスタイリングしやすくなっています。

アクセサリーの付け方にも違いがありますよ!

スピードスタイルHD231Jは本体の吹出口にカチッというまで差し込むだけでOKです♪

フレックススタイルHD434Jはエアカーラーとロールブラシを使う場合はスティック状のまま使います。

つるツヤローラーとワイドノズルはドライヤーの形のまま差し込んで使いますよ。

違い4:スウィングモードの有無

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはどちらも風量は弱・中・強の3段階風温は低温・中温・高温・冷風の4段階から調節できます。

スピードスタイルHD231Jには、4段階の風温のほか、温風と冷風を交互に切り替えるスウィングモードが搭載されています。

スウィングモードは、髪の毛のパサつきやうねりが気になる時に使うのがおすすめなモードですよ♪

しっかりと髪の毛のうねりやパサつきを直したいなら、スピードスタイルHD231Jがおすすめですね^^

違い5:消費電力

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの消費電力はわずかながら違いがあるので、解説します。

スピードスタイルHD231Jの消費電力は1,050W、フレックススタイルHD434Jは1,100Wと50Wだけ差があります。

一般的なドライヤーは大体1,200Wが多いので、どちらも電気代は抑えられてますね^^

50Wの違いはどれくらい違うのか、まずは電気代の違いを表で見てみましょう。

最近また電気代が値上がりしているので、全国平均の34.73円で計算してみますね!

スピードスタイルHD231JフレックススタイルHD434J
消費電力1,050W1,100W
10分使った場合の電気代6.2円6.49円
毎日10分使った場合の1ヶ月分の電気代185.98円194.84円

思ったより電気代に違いがありませんでしたね^^

1ヶ月では18.4円ほどの差でした!

電気代に大きな違いはありませんが、より電気代を抑えたいという方はスピードスタイルHD231Jがおすすめですよ♪

違い5:値段

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの値段にも違いがあります。

その時のキャンペーンなどによって値段は変わりますが、この記事を書いている2024年2月現在の定価(税込)をご紹介しますね。

スピードスタイルHD231J:29,700円

フレックススタイルHD434J:34,980円

約5,000円くらいの違いです。

検討する時の参考にしてみてくださいね^^

◆sharkドライヤースピードスタイルHD231J

◆フレックススタイルHD434J

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434J どっちがおすすめ?

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめなのか整理しますね!

sharkドライヤースピードスタイルHD231Jがおすすめな人

  • 髪のパサつきやうねりが気になる方
  • 電気代を抑えたい方
  • 購入時の値段を抑えたい方

sharkドライヤーフレックススタイルHD434Jがおすすめな人

  • スティック状に折りたたみたい方
  • 持ち運びしたい方
  • カーラーを使いたい方

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの最大の違いは、カーラーの付属の有無です。

この観点だけで選んでOK!ですよ^^

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jは形の違うタイプになっていて、スピードスタイルHD231Jは従来のドライヤーの形で、フレックススタイルHD434JはL字型です。

フレックススタイルHD434Jは折りたたむとスティック状になって持ち運びがしやすいのが魅力ですね。

とは言ってもスピードスタイルHD231Jもかなりコンパクトですよ♪

カーラーはフレックススタイルHD434Jにのみ付属しているので、髪の毛を巻きたい方はフレックススタイルHD434Jがおすすめです!

髪にうねりやパサつきがある方は、スウィングモードがあるスピードスタイルHD231Jがおすすめですよ。

結論として、

カーラーを使いたい:フレックススタイルHD434J
持ち運びしたい:フレックススタイルHD434J
髪のうねりやパサつきを直したい:スピードスタイルHD231J
購入価格や電気代を抑えたい:スピードスタイルHD231J

というように選ぶと良いですよ♪

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの比較表

スピードスタイルとフレックススタイルの違いを表にまとめました^^

機能スピードスタイルHD231JフレックススタイルHD434J
一般的なドライヤーの形(T字型)L字型
折りたたみ後の形コの字型スティック状
温度調節低温・中温・高温・冷風・スウィングモード(交互に温風と冷風が出る)低温・中温・高温・冷風
風量調節弱・中・強弱・中・強
操作部ボタン式電源ボタンのみスライド式ボタン式モード切替ボタン※と電源ボタンのみスライド式
付属アクセサリーつるツヤローラー/ロールブラシ
/ワイドノズル
つるツヤローラー/ロールブラシ
/ワイドノズル/エアカーラー35mm
本体サイズ20.5cm×16cm×4.8cm22.3cm×4.5cm×11.5cm
折りたたみ時のサイズ11cm×19.7cm×4.8cm28.5cm×4.5cm×4.5cm
電源コードの長さ1.8m1.8m
コードを含む重さ640g640g
本体のみの重さ410g370g
定格消費電力1,050W1,100W
カラーバリエーションフラミンゴピンク/シェルホワイト
/ブラックメタリック
ストーン/フラミンゴピンク
/モカシルバー
定価29,700円(税込)34,980円(税込)
※モード切替ボタンとは、ドライヤーとスタイラーの切替ボタンのこと(フレックススタイルのみ)

比較表を見てみると、基本的な機能は変わらないことがわかります。

あとは、本体の形や折りたたんだ時の形状、スウィングモードの有無、電気代や定価、カラバリからお好みのものを選ぶと良いですね^^

◆sharkドライヤースピードスタイルHD231J

◆フレックススタイルHD434J

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの共通の機能や特徴

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jには、ドライヤーとしての基本的な機能が搭載されています。

基本的な機能は同じ

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはともにドライヤーとしての基本的な機能は同じです。

スピードスタイルHD231Jにはスウィングモードが搭載されている他は、ほぼ同じで、温風や風量調節も共通しています。

付属のアクセサリーもフレックススタイルHD434Jにカーラーがあるほかは共通ですよ^^

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはどちらも大風量で満足できるドライヤーです♪

髪がツヤツヤになる

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはどちらも、風が高音にならないようコントロールされ、マイナスイオンが出てくるため、髪がツヤツヤになります。

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはどちらも、風温が常に90度以下に保たれるよう、毎秒1,000回の計測をしながら温度のコントロールをしています。

マイナスイオンのおかげで静電気を抑えて、髪の毛をまとまりやすくしますよ^^

温度コントロールとマイナスイオンによって髪や頭皮に優しいドライヤーになっています♪

◆sharkドライヤースピードスタイルHD231J

◆フレックススタイルHD434J

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いの比較まとめ

以上、sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jの違いは以下の6つです。

  • カラバリ
  • 付属アクセサリー
  • スウィングモードの有無
  • 消費電力
  • 値段

どちらにも同じ機能が搭載されていますが、大きく違うのは付属アクセサリーです。

その2点だけに着目すると決めやすいかと思いますよ!

スピードスタイルHD231Jは髪のうねりやパサつきがある方におすすめなスウィングモードが搭載されていて、電気代や定価が抑えられているのが魅力的ですね♪

フレックススタイルHD434Jは付属アクセサリーにカーラーがあり、折りたたむとスティック状になるのが大きな特徴ですよ。

スピードスタイルHD231JもフレックススタイルHD434Jもなんと言ってもカラーデザインが可愛いので、迷っちゃいますよね^^

sharkドライヤースピードスタイルHD231JとフレックススタイルHD434Jはどちらもドライヤーとしての機能は十分に備わっているので、この記事をお読みになり、お好みの方を選んでみてくださいね。

◆sharkドライヤースピードスタイルHD231J

◆フレックススタイルHD434J

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ